遅延利率|用語解説|レディースローンの審査

遅延利率

遅延利率とは

お金を借り入れした場合、指定された返済日に返済をしなくてはいけません。
例えば、税金を滞納すれば、延滞料が発生します。
また、レンタルビデオを借りた場合も、返却期日を過ぎれば延滞料が発生します。
それと同じように、借金に対しても、借り入れをした人が支払い日までに返済をしなかった場合には「損害賠償金」が発生します。
これを「遅延損害金」と言います。
別名「遅廷利息」とも言われる為、通常の利息と勘違いする方がいらっしゃいますが、性質は全く別の物です。

 

法的にも「利息とは別物」と扱われ、利息と同じように一定の利率によって定められています。

 

この利率を「遅廷損害金利率」と言い、利息制限法では上限利率20%までと定められています。
大半の金融業者は、この上限いっぱいの20%で設定している場合が殆どです。

 

「遅廷損害金」は、返済期日の翌日から換算され、遅れた日数分で加算されていきます。
ですから、仮に100万円借り入れしている場合で遅廷利率が20%の場合、30日返済が遅れたとすると、遅廷損害金として16438円を、元本の返済分と、利息に上乗せして支払わなければなりません。

 

これは、借り入れをする際の契約時に、「将来発生するかもしれない、債務不履行による予定損害額設定」として、特約することが認められています。
ですから、もし、実際に不履行が発生した場合は、貸金業者は損害額の大きさに関わらず、予定された損害額の支払いを要求することが出来るのです。

 

このように、返済期日が遅れた場合、元本の返済と利息意外に、無駄なお金を支払わなければならなくなってしまうのです。

 

出来れば借金は早く返済したいのが本音です。
返済期日が過ぎれば過ぎるほど、また、元本が大きければ大きいほど、この「遅廷損害金」は大きくなってしまいます。
無理のない返済計画で、返済期日を守ることが大切です。