信用情報照会|用語解説|レディースローンの審査

信用情報照会

信用情報照会とは

「信用情報照会」とは、貸金業者が、個人に貸し付けをする場合の審査の際に、信用情報機関が保管する、個人の情報を照会することです。
返済能力の有無を判断する為に必要な情報照会です。

 

信用情報の内容は、個人の氏名や、勤務先、勤続年数などの個人を特定する情報の他、
過去の借り入れの実績や、返済の状況、債務整理利用の有無などが記載されています。
言い換えれば、「お金の履歴書」のようなものです。

 

借り入れを申し込みされた時点で、貸金業者は、指定信用情報機関に連絡を取り、情報照会をします。
審査は、勤務先の確認や、勤続年数、家族構成、他社からの借り入れなどを尋ねられますが、この時に他社からの借り入れの有無を偽ったりしてしまうと、信用情報の内容と相違があると判断され、借り入れが困難になってしまいます。
正直に、答えることで、借入額が少なくなったとしても、逆に信用情報に傷がつくことはありません。
むしろ、嘘をつくことで借り入れを断られた場合は、断られた理由が信用情報に新たに記載されることになります。

 

「債務整理利用」とは、過去に借金返済が滞り、多重債務等で返済が困難になった場合、裁判所などを通じて借金を減額または、帳消ししてもらう制度です。
自己破産・民事再生・特定調停・任意整理と言われるものがそれにあたります。

 

これらの情報は、信用情報としては、「ブラック」と言われるものになってしまい、一定期間は借り入れが出来ない状況になってしまいます。
更に、貸金業者の審査が通過しないと言う事で、立て続けに何社にも借り入れを申し込んだ場合、これらも「申し込みブラック」と呼ばれ信用情報に記載されます。

 

信用情報照会とは、あなたの返済能力を審査する大切な情報照会です。
本当に必要な時に、信用情報に不利な記載がされていないように気を付ける事も大切です。