借り入れ審査|用語解説|レディースローンの審査

借り入れ審査

借り入れ審査とは

キャッシングの契約時には、「借り入れ審査」と言うものがあります。
金融会社も「お金を貸す」と言う事は「返してもらう」事が前提ですので、借り入れる側に返済能力が無いと判断された場合は、貸付を断ることが出来ます。

 

では、「借り入れ審査」とは、具体的にはどのような内容なのでしょうか。
基本的には、どの金融会社も共通して、「返済能力があるかどうか」を審査します。
その判断材料として、勤務先の確認や、勤続年数・他社からの借り入れ情報、個人信用情報の確認・家族構成、住居形態など、あらゆる材料から判断していきます。

 

この中に出てくる、「信用機関情報」とは、過去の借り入れ実績や、返済状況、債務整理の有無など、借り入れる側の言わば、お金に関する履歴が記されたものです。

 

この信用情報機関の情報と、先ほどあげられた判断材料、キャッシングの目的などを総合的に判断することで、借り入れの審査・決定をしていくのです。

 

また、キャッシングの目的によっては、審査に落ちることもあります。
それは、例え安定した収入があったとしても、借り入れの理由が、浪費と判断される様であれば、借り入れは難しくなります。
これは、借りる側のライフスタイルも判断基準とされていることを意味します。

 

何社も立て続けに審査を受けることも信用情報機関に記録されてしまいます。
これを「申し込みブラック」と言います。
他社で審査を断られた理由も一つの判断基準とされてしまうからです。
申し込み履歴は情報として記録されてしまいますので、出来ればお試し審査などを判断基準として、一社に絞って申し込みをすることをお勧めします。

 

審査に必ず通ると言う手段は存在しませんが、審査の際に気を付ける事として、「嘘をつかない」と言う事です。
全てを正直に答えることが、貴方の信頼を得る大切な方法です。