任意整理|返済について|レディースローンの審査

任意整理

交渉することで返済総額を減らす

自己破産、債務整理、専門用語を知っておく

お金の整理

債務整理にはいくつかの方法がありますが、その中でもメリットが多く利用しやすいといわれているのが、「任意整理」と呼ばれる手続きです。
借金の状況、個人のライフスタイルなどによっては、任意整理をすることで、無理のない返済が可能になることもあります。
しかし、任意整理とはどのような方法のことなのでしょうか。

任意整理とは

任意整理は、簡単に言うと任意で債務を整理する方法になります。
任意整理を選んだ場合、他の債務整理のように、裁判所などは通さず、債権者との交渉によって、利息の引き下げ、毎月の支払いの減額などによって、返済の負担を減らすことができます。
今後も収入があり、返済のめどや意思はあるけど、現状の返済プランでは負担が大きすぎる、といった方には最適な方法といえます。
つまり、借金の返済による負担を軽くしたい人に、おすすめの債務整理ということになります。

どんな仕組みで返済額が減るのか

具体的には、利息をさかのぼって金利を引き下げて再計算し、借金や金利を減額・カットしつつ、債権者との和解内容に従って、返済を続けていくことになります。
任意整理では、「利息制限法」と「出資法」という法律を活用し、より現実的な返済計画に直すことができるのです。

専門家の力が必要

ただしこれらの交渉は、豊富な知識と交渉力のある人でないと、難しくなってきます。
このため任意整理の実際の交渉は、弁護士などの専門家に任せるのが一番無難といえるでしょう。
ただし任意整理に関する経験が浅く、交渉力の低い弁護士ではあまり頼りにならないため、経験が豊富な弁護士を選ぶことが大切です。
またあくまで利息や返済総額を減らすだけであって、任意整理をしたら返済が終わるわけではありません。