レディースローンについて

レディースローンについて

レディースローンについて

女性がお金を借りると言うと、とても敷居が高いように感じますが、実際は、女性であっても、基本安定した収入があれば通常のカードローンとほぼ変わりなく借り入れが可能です。

 

「レディースローン」と特化されている専用枠の場合、女性が安心して借り入れの相談が出来るように、窓口や電話対応に、女性の専門スタッフを配置している会社が多ようです。
ですから、通常のローンよりも、女性が安心して利用しやすくなっています。
また、融資形態も、女性をターゲットにしている分、女性に合わせた内容になっているので、融資額は基本的に少額に設定されている場合が多く、一般的には小口融資をしている為、大口での融資を希望している場合は、通常ローンで相談した方が良いでしょう。

 

1社からの借入額は、概ね50万円程度となっていますが、新規の借り入れの場合は、多くのローン会社では、10万円程度が普通のようです。
返済の状況から判断して、徐々に借り入れの枠が広がることも可能です。

 

また、アルバイトやパートの場合は、自分の年収の3分の1までは、給与明細など収入の証明が出来、他社からの借り入れやブラックリストに載っていなければ、融資を受けることは可能ですが、専業主婦の場合、会社によっては借り入れが出来ないケースもあります。
しかし、多くのローン会社では、旦那さんの同意があれば、旦那さんの年収の3分の1までは借り入れが可能なケースが殆どです。

 

女性が借り入れの際心配な事として、「夫や家族、会社に知られたくない」と言う事がありますが、家族や会社へ在宅・在籍確認をする際は、基本は貸金業者であることは伏せて電話連絡をします。
これは「貸金業法」で「計癪者以外の第三者に契約の事を知られてはいけないと」言う決まりがあるからです。
友人や知人を乗り、個人名で電話をするので知られることはありません。

レディースローンの特徴

女性が気軽に利用できる「パート主婦だから、ローンは利用できないだろう」と諦めている女性の方、実は最近、女性でも気軽に利用できるローンが増えているのです。それが、「レディース(カード)ローン」、「女性専用キャッシング」と呼ばれる女性向けのキャッシングです。レディースローンが増えてきた理由としては、女性...

≫続きを読む

キャッシングとの違い

女性向けのキャッシングレディースローンを利用するにあたって、通常の「キャッシング」とどう違うのか、と疑問に思う人も多いと思います。レディースローンは基本的には、女性向けのローンという点以外は、キャッシングとほとんど同じです。しかし最大の違いは、なんといっても女性でも審査が通りやすい、という点でしょう...

≫続きを読む

無人契約機からの申し込み

すぐに契約ができる無人契約機レディースローンに限らず、近年のキャッシングは、「無人契約機(自動契約機)」によって、申し込み、契約を完了させることが可能になっています。たとえば本人確認書類の提示は、インターネットを通して送ったり、郵送で送ったりする以外にも、近くの無人契約機を使って提示することもできる...

≫続きを読む

金利が変動する理由

金利が変動する理由レディースローンに限らず、ローンやキャッシングには、必ず金利というものが存在します。たとえばローンの代表といえば住宅ローンがありますが、大半の住宅ローン商品は、融資実行時点金利が適用されるようになっています。しかし金利は、さまざまな要因によって変動するものです。金利が変動すれば、当...

≫続きを読む

カードローンの違い(銀行と銀行系)

カードローンの種類カードローンには、大きく分けて2種類があります。カードローンは、「消費者金融系」と、「銀行系」に分かれています。この2つには、いくつかの違いがありますが、代表的な違いとしては「総量規制」の対象であるかどうかという点です。総量規制とは「総量規制」とは、カードローンを申し込む人の年収の...

≫続きを読む

申し込み前の注意点

レディースローン申し込み前の注意点レディースローンを申し込む前に、注意して欲しい点や、確認してほしいことがいくつかあります。レディースローンに限らず、ローンやキャッシング全般に関することもあります。返済方法の事前の確認まず特に注意して欲しいのが、返済方法についての確認です。レディースローンに限らず消...

≫続きを読む

レディースローンに対する世間のイメージ

「レディースローン」と言うと、かなり柔らかいイメージに聞こえると思います。しかし、それは言葉の響きだけで、多くの方は「借金」と言う、堅苦しく、重いイメージがあり、「借金」に対する罪悪感と言うものを抱く方が多いのが現代社会の厳しい現実です。更には「借金苦」や「多重債務者」などの悪い要素を連想される方も...

≫続きを読む