金利が変動する理由|レディースローンの審査

金利が変動する理由

様々な要因で金利は変動する

金利が変動する理由

金利の変動

レディースローンに限らず、ローンやキャッシングには、必ず金利というものが存在します。
たとえばローンの代表といえば住宅ローンがありますが、大半の住宅ローン商品は、融資実行時点金利が適用されるようになっています。

しかし金利は、さまざまな要因によって変動するものです。

金利が変動すれば、当然返済額も変わっていきます。
このため金利水準の変動によって、結果的に返済額が変わることがあります。
それは高くなることもあれば、安くなることもあります。

金利が変動する要因

金利が変動する要因としてはさまざまありますが、「資金の需給のバランス」、「国内景気」、「国内物価」、「外子為替」、「海外金利」、「金融政策」、「株価の変動」などが挙げられます。
たとえば資金の需給のバランスとは、金融市場における「需要」と「供給」のバランスのことをいいます。
資金を借りたい人の数が多ければ需要は高いといえますし、反対に貸したい人が多ければ供給が高いことになります。
このような需要と供給のバランスが、金利の高さに影響しています。

物価と金利

物価と金利も深い関係があります。
単純にいうと物価が上がると金利が上昇し、物価が下がると金利が低下します。
これは企業や個人の購買意欲が、物価によって変化しているためです。

金融政策

金融政策に関してですが、これは日本銀行(日銀)の動きが関係しています。
デフレが起こっても、インフレが起こっても、金利を変動させるために、日銀が動く必要があるためです。
適切な物価水準になっていないと、国の経済のバランスが悪くなるためです。
このためデフレやインフレの時は、日銀によって金融調整が行われ、金利が変動することになります。