女性と男性のお金の使い方の違い|お金の話|レディースローンの審査

女性と男性のお金の使い方の違い

お金の使い方、男女間は違う?

女性の借金の理由は、大半が「生活費の不足」からです。
生活するための、食費・光熱費・水道代など、純粋に生活にかかわる費用の捻出の為に、切羽詰まった状態での借り入れが殆どです。
それに対して、男性の方が意外と気楽な考えで、借り入れをするパターンが多くなっています。
最大の原因は、「交際費」によるものです。
例えば、彼女とのデートや、後輩との飲み会などで、自分が奢ることで、自分の存在価値を認めさせたい、または、見栄を張って自分の収入以上の生活を見せたいと言う、背伸びした発想からのようです。

 

女性が、「節約上手」または「ケチ」と言われるのに対し、男性の大半は「気前がいい」悪く言えば「浪費家」が目に付きます。

 

実際に結婚後は、生活費のやりくりに直接かかわってくるのは女性の方が多くなります。
なぜなら、食事を作り、光熱費や水道代などの基本的な生活に必要なお金に直面してしまうからなのです。
ですから、知らず知らずの内に女性は、守りの体制として、「節約志向」に傾いていくのです。
未婚の場合も、将来一人であった時の事を念頭に貯蓄をしている女性の割合は、男性よりもはるかに多いと言われています。

 

しかしながら、借金癖をする人間は、男女とも同じような性質を持ち合わせているようです。
「将来の事はその時考える」「好きな事は優先させたい」「自分の生活の質は下げたくない」などの理由から気軽に借金をしてしむ傾向があります。
また、多くの借金の理由として、男女ともに多いのは、「ギャンブル」による借金です。
意外にも、このギャンブルによる借金は女性の方が多いと言う結果が出ています。
男性の場合は、ギャンブルに依存する人間が少ないのですが、女性は、依存度が強い傾向にあります。
女性の依存度の強さから、ギャンブルばかりでは無く、ホストにハマると言う場合も多くあります。