女性の浪費癖|お金の話|レディースローンの審査

女性の浪費癖は治る?

普段からお金の使い道を細かく分ける

女性の浪費癖

お買い物

一般的に、男性よりも女性の方が、浪費癖が強い傾向にあるといわれています。
そんな浪費癖の強い女性の中には、「使った後気分がすっきりする」、「満たされたような気がする」と感じている人が多いかと思います。
このような気持ちこそ、必要以上にお金を使ってしまう原因の一つともいえます。
これらの気持ちを持ってしまった、女性の浪費癖を治すことは、できるものなのでしょうか。

 

家計簿は無理?それでもお金を管理する方法

一番いいのは家計簿をつけて地道に管理していくことなのですが、長続きしなくて結局投げ出してしまう人も多いでしょう。
もし家計簿が無理だったとしても、お金を少しずつでも管理していく方法はたくさんあります。
以下のようなことから、地道に実践してみてください。

 

生活費を細かく分けてみよう

「今月の○○用」、「今月の食費分」といった風に、あらかじめその月に必要な分のお金を分けて管理・保管しておくことで、必要な各生活費を把握しつつ、ある程度お金を管理することができます。

 

買いたい気持ちをおさえ込みすぎない

普段からあれもこれもと自分に厳しすぎると、それがかえってストレスになることもあります。
抑え込んでいた「買いたい気持ち」が、後から爆発しては大変です。
おさえ込みすぎることよりも、本当に必要な買い物であるかを考えることの方が重要です。

 

クレジットカードを抜いておく

お金のゆとりの有無を問わず、浪費癖を悪化させる一番の存在が、クレジットカードです。
浪費癖が治らなくて困っている人は、まず財布からクレジットカードを抜いておくことをおすすめします。
現金も不用意に大金を持たず、その日そのときに必要な分だけを入れるようにしましょう。"