SMBCコンンシューマーファイナンス|プロミス|レディースローンの審査

プロミス(SMBCコンンシューマーファイナンス)とは

プロミスの事業内容

「プロミス」の正式名称は「SMBCコンンシューマーファイナンス株式会社」です。
株主を「株式会社三井住友フィナンシャルグループ」として、1962年に設立されました。

 

プロミスは、フリーキャシングのイメージが強いですが、貸金業以外にも様々な事業展開をしています。
「モビット」もプロミスの子会社として業績を伸ばしています。
プロミスとしてはノンバンク業界としては初の「コンタクトセンター業務」をいち早く取り入れ、国際的な品質保証規格の認証取得をしたことが大きな原動力となっています。
現在はスマホ専用の公式アプリの提供により、顧客のニーズにいち早く答えられるシステムの導入にも成功しています。
無人店舗を中心に国内で1000を超える店舗展開も、顧客対応をスムーズにしている要因です。

 

プロミス(SMBCコンンシューマーファイナンス)が手掛けている事業として、現在188社の銀行を含む金融機関と連携することで、金融商品の開発や企画を提案し、顧客の資金ニーズに応える為の「生活金融インフラ」を提案しています。

 

これらは全て、貸金業により培われたノウハウである「与信審査」や「債権管理」と言った内容を提供していくことで、金融機関向けの保証事業としてサービス展開することが出来るのです。

 

また、プロミス独自の事業内容としては、借主である顧客が、少しでも返済を軽減できるようにと言う事で、「おまとめローン」の提案もしています。
さらには、多重債務者や金融関連のトラブルを未然に防ぐことに力を注ぐことで、より良いキャッシングの方法を展開できるよう、小学生や一般の人を対象に金融に関するセミナーも実施しています。
2013年には2000を超えるセミナーを開催し、10万人もの人々が足を運びました。

 

社会福祉への取り組みも積極的にしていて、児童養護施設をはじめ、福祉事業の展開へも力を注いでいます。