無職・ニート|Q&A|レディースローンの審査

無職・ニートでも借りるには?

働いていなくても借りられる場合はある

専業主婦のカードローン

女性専用のレディースローンは、女性であればパート、アルバイトなど、正社員ではない形態で働いている人でも利用しやすくなっていることで有名です。

無職やニートの人が、ローンやキャッシングを利用する方法はあるのでしょうか?

現状として、消費者金融からの無職・ニートへの風当たりは、強いといえます。
お金を借りるということにおいて、働いていないことが不利になるというのはいつでも変わりません。
しかし一定条件を満たしていれば、無職の人でも、利用できる消費者金融というのは存在します。

無職でも借りるための条件を満たす

専業主婦

女性の中には、専業主婦で自身に収入がない人も、いるかと思います。
このような人は、以下のような一定条件を満たしていれば、無職でも借りることができます。
女性専用で、主婦でも利用しやすく、審査基準がゆるめのレディースローンがおすすめです。
ただし、基本的に融資できる金額は、かなり低くなるので注意しましょう。

 

  • 配偶者(主婦であればご主人)に安定した収入がある場合。
  • 配偶者の収入証明を提示できる場合。
  • 年金収入がある場合。
  • 派遣会社に登録してあり、派遣先が決定している場合。

 

これらの条件を満たしていれば、ご自身の収入がない女性でも、ローンやキャッシングを利用出来ることがあります。
このような消費者金融はいくつもありますが、なるべく大手を優先して選ぶようにしましょう。

なお、消費者金融の中には年齢制限をつけているところも多く、たとえば60歳以上の人が利用できないことがあります。
この場合は、年金収入がある人でも利用できないということになります。